活動記録

2022年 おじょんこ作品発表会 無事終了しました

恒例となったOJONCO館の作品展

2022年、3月12日(土)から3月14日(月)の3日間、作品発表会をしました。今年も、コロナ禍で思うように活動できない年となりましたが、なんとかここまで来ることができました。

これだけ並ぶと、ちょっと壮観、かも。古着屋さんみたいな雰囲気。よく見ると、少しずつ形が違うんですよ。それぞれのこだわりや、工夫が見えるんです。

今年はいわき市暮らしの伝承郷で、「ベビーおじょんこ講座」を開催したので、たくさんのベビーおじょんこも作りましたよ。小さなおじょんこがたくさん並ぶと、とっても可愛いです。子どもたちが実際にみんなでベビーおじょんこを着ている姿を想像すると、ほっこりしてきませんか?

三和の地域文化を学ぶ勉強会も

3月13日(日)の午前中は、いわき市暮らしの伝承郷の学芸員の斎藤りぼんさんをお招きして、三和地域の文化についてメンバーによる学習会を開きました。テーマは、「三和町の信仰について~十九夜講を中心に~」です。

テーブルを二つに分けてお互いのスペースを確保して、コロナ対策。

本当は、地域の人たちもお招きして、大きな会場で実施したかったのですが、コロナが収まらないので、残念ながらメンバーのみ参加となりました。

三和の集落のあちこちにポツンとたたずむ石塔がどんな歴史をもち、何を意味しているのかを教えていただきました。地元のメンバーが、具体的にどんな場所なのかを説明してくれたり、まつわるエピソードなどを話してくれたりして、大いに盛り上がりました。

「吊るし雛」も飾りました

今年は、「結布喜会」の皆さんの「吊るし雛」も一緒に展示しました。室内には、可愛らしい色とりどりのちりめん細工がたくさん飾られて、とっても華やかな雰囲気に!とても素敵な作品ばかりで、私たち会員も飾りつけの作業から楽しむことができました。

つるしびな

部屋の中の華やかな雰囲気を楽しむのもよし。

つるしびな

モチーフを一つ一つじっくりと鑑賞するもよし。来場されたお客様方も、とても喜んでくださいました。コロナ禍で鬱々とする日々ですが、手作りのこうした作品のぬくもりに触れると、とても癒されますね。

来年もまた、作品発表会ができるよう、私たちも頑張りたいと思います。

 

-活動記録
-,

© 2022 おじょんこstyle@上三坂